スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれはお前をずっと愛している(ネタばれありです)と、キリ番☆

またまた、お久しぶりといいますか…やはり声帯を痛めてしまったようで

声が悲しいことになっています(T_T)
本当に…情けない…

そんな中、キリ番(一度いってみたかった(笑))踏んで下さったのは、友達の〝犬ちゃん〟でしたヽ(^o^)丿

ちゃーさんからは〝狙ってたのに…〟という嬉しいコメントを、そしてミニマムちゃんからは〝おめでとうございます〟という、これまた有難いお祝いの言葉を頂きました!!!!

本当に、有難うございます(T_T)

そう…以前ブログでも書いたように、同じ時期にサイトを始めたお友達や知り合いの絵師様方は、一年間で10万打という素晴らしい勢いなのですが(^_^;)

私は私で、マイペースに楽しんで行きたいと思います!!うんv

みんな忙しいからなぁ…と、実際私も全然みんなのブログとか見にいく時間なくなっちゃって、ご無沙汰だし…

もっとみんなのブログにお邪魔してわくわくしたいなぁと思っているのになかなか(>_<)

そんな中、ちゃ~んと見てくれている人がいてくれる有難さよ…本当。

嬉しいのですよ☆

この記事のタイトルを見て、私を知ってくれている人達はきっと

〝おっ!やっぱり黙ってはおられなかったか!!〟と思ってるでしょうね(笑)

うん…そう…もうね…大変です。

コメントのお返事は、続きにがっつりと書かせて頂くとして…

ここからは、今週のWJについて…どうしても、叫びたいから…叫んじゃおう!!


「お前はオレのことをずっと許さなくていい」

「お前がこれからどうなろうと おれはお前をずっと愛している…」


深いです。

物凄く…これまで兄さんが言えなかったこと。思っていても言葉にすることはないと思っていたこと。

サスケへの懺悔ともとれます。

この世で唯一無二の兄弟。たった一人の愛する弟へ、その弟を守る為に頑張ってきたつもりが、最期は…

弟によって、兄さんが救われた。

イタチは、誰にも頼ることなく一人で頑張ってきました。それが一番いい方法だと思って、歩んできたと思います。そう思うしか、生きてこられなかったのかもしれません。でもね、この一連の兄弟共闘により、イタチはどんどん後悔したと思うんですよ。サスケを信じてやれなかった自分を、本当に悔やんだと思うんですよ。
サスケを巻き込みたくない=サスケに生きていてもらいたい…との気持ちから、とにかくサスケにピンチが訪れたらそれを何とか回避することに全力を注いできたと思います。

人は成長する…。分かっているはずなのに、サスケを信じ切れなかった。サスケの隠れた才能やその実力を、きちんと判断することが出来なかった。これは、イタチが自分の力を過信していたことにも繋がります。

イタチには、ライバルといえる人がいませんでした。
人は、切磋琢磨してこそその伸び幅が広がると思います。だから、ライバルはいないよりいた方がいい!
そのライバルが実力者であればある程、互いに高めあい、追いつき追い越せの精神で、成長するのです。

イタチは確かに天才だし、私は誰よりイタチを愛しいと思っているから、やっぱりイタチは凄い!と思います。でも、ライバルがいなかったイタチに対し、サスケは…サスケには〝ナルト〟という、物凄いライバルがいました。

もともとうちはの血をひき、才能が開花する可能性があったサスケですもの。きっかけ一つで、その成長は計り知れなかったはずです。

最初って肝心ですよね!何でも。
同じことを学ぶにしても、そこそこの人から教えて貰うのと、一流の人から教えて貰うのとでは、その情報量と、最初に立つスタート地点が違います。

サスケのお手本は、イタチでした。最高の忍が、いつも近くにいたんです。それだけで、サスケは英才教育を受けていたと思うんですよね!縁側でちょっと話す時だって、食事をする時だって…日常は大事です。人の心の修行も、技の修行も、全ては一つ一つの積み重ね。

ナルトは、その身体の中に流れる血はサラブレッドだけど、ある程度の年齢になるまでは師に恵まれていなかった。勿論、イルカ先生という師と出会い、ナルトは大きく変わりました。でも、技術という面を考えると、スタート地点は決して良かったとはいえません。ナルトの覚醒は、自来也という素晴らしい忍と出逢ったことが大きかったですよね。

何かを伝えるということは、物凄いエネルギーがいるし、相手への思い入れが必要となります。
自来也は、ナルトの中に自分の愛弟子である〝ミナト〟を見ていた。里の為に自らを犠牲とし、死んでいった愛する弟子の忘れ形見です。可愛くて可愛くて仕方なかったでしょうね…。だから、その愛がナルトを育てた。

サスケは、自分では気づいていなかったけど、イタチの愛にずっとずっと見守られてきていたんですね。憎しみが足りない!と弟を傷つけながらも、心では涙を流していた…そんなイタチの愛を、やっとちゃんと受け取ることが出来た。

マダラがサスケを助けて、イタチの話をした時、サスケが〝嘘だ嘘だ〟という中〝なぜなら、お前は生きている〟といったあの瞬間、その言葉の意味をサスケは凄く考えたし、心当たりもあったことでしょう。

イタチにとって、サスケは可愛い弟でありました。

いつまでも子供と思っていたサスケの成長を、今、イタチは胸に刻み込み、喜んでいると思います。そして、墓場まで持って行こうと決めていた数々の真実を、ありのままを伝えられることが出来て、私は本当に嬉しいです。

イタチの一生には「安堵」なんてなかった。死んでやっと、ホッと一息つけたような人です。

でも、本当の安らぎが訪れることはなかったイタチに、心からの安らぎがやってきました。

自分だけ心が軽くなって、こんなに安らかに逝けることを「許せ…サスケ…」と、思っているかもしれませんね。

でも、イタチにはナルトがいます。だから、ナルトに託したサスケですから、安心してサスケの手を離すでしょう。

自分を殺して、弟を欺いて生きてきた日々。そんな日々にピリオドが打たれた…本当に、本当にお疲れさま…イタチ!と、そう思ってしまいます。



以前、イタチの心の移り変わりについてちょっと書いたことがありました。

ナルトにサスケを託そうと決めた瞬間、これまで『ナルトくん』と呼んでいたイタチが『ナルト』と呼び捨てにしました。

呼び方って、その時の心情を表します。

今回も…これまでは自分のことを『オレは…』と言っていたイタチが、最期にサスケにかけた言葉で

『おれはお前をずっと愛している』と〝おれ〟がひらがなになっています。

この台詞を読んだ時に、これまでのイタチではない、両手を広げて無防備に、サスケを心から愛している…という優しさと柔らかさを感じて、じわ~~~っと胸が熱くなりました。


風邪でダウンしてしまい、それでも仕事が休めず…
ちゃんとお祝いすることも出来なかった今年のイタチの誕生日。

頑張って描いた絵が…これだったんですが(^_^;)↓





メッセージを着けたらこんな感じだったんですけど…


itachi20120609③


この絵を描いている途中に、気が変わって、下書きと違う表情になっちゃったんですね!!

下書きは、これでした。


itachi20120609(下書き)


眉をきゅっと寄せて、ちょっと切ない感じの兄さん…

でも、書いているうちに、最期の兄さんはきっとサスケにちゃんと笑顔を向けるのではないか…そんな風に思ったんです。そして、優しい微笑を…と描きました。

全然自分が思うような兄さんは描けないけど、でもね…また頑張って兄さんを描いていくぞ!!!という元気を貰いましたよ。

イタチ…本当に、有難う。本当に本当に…ありがとう。

やっぱり、あなたが好きです。

あなたが愛しいです…。

サスケくんにちゃんと気持ちを伝えられて、良かったね。

本当に…よかった。



続きを読む

スポンサーサイト
ナルサスオンリー「オレ達かなりの友達だから!」
20160221☆主催 としおさん、ミンさん
かなとも
clear
管理人初めてのサイトです。
★リレーSS~あれから~★
お友達のつきしろ様とSSリレー。管理人初挑戦v。とにかく何でも挑戦ね!頑張ります。初めてアクセスされる方は、入室後一番最初に書いてある企画設定記事をお読み下さい。
☆pixiv☆
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
手ブロに手を出してみた♪
clearへようこそ
なっかなか更新がないブログですが、ありがとうございます(*^_^*)
★ありがとうございます★
web拍手 by FC2
最新記事
カテゴリ
プロフィール

sayu

Author:sayu
2011年年8月24日にサイトを開設致しました!

『NARUTO』の『うちはイタチ』をこよなく愛しています。
管理人のメインは、声です(^_^;)下手でも絵を描いて、苦手なパソコンも頑張っているところです。納得いかなくても今出来る力で精一杯、何かを形にしていきたいと思っています。小説も…初挑戦!

宜しくお願いします★

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。