スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キタ~~~~~!!!!!アネモネ実写partⅡ(*≧∀≦*)

ギャ~~~~~~~~((((;゚Д゚))))
びっくりして、嬉しくて、どうしようか……って………。


これが私の携帯に届いた時、私は丁度仕事に向かう電車の中だった。

いろいろ疲れて、何だか元気もなくて……そんな時だった。

二人は私に「本当にアネモネやっていいんだったら、もっとちゃんとやりたい!」
そんな言葉をくれたっけ……。

そりゃ、自分達が一生懸命書いた小説でコスしてくれるなんて嬉しいに決まってる。
でもね、二人ともいろいろ忙しい身だし、そんな有難いことを言ってくれるだけで十分だと思っていた。

なのになのになのに……。

本当に?わぁ……///////本当にやってくれたんだ/////

メールに添付されている写真を見て、そう思いました。

ありがとう。

アリガトね!


「アネモネ」とは、私と相方の月城さん(つきちゃま)と二人で書いたパラレル小説なんだ。

昨年のNSオンリー「NS幸楽」に参加させて頂いた時の本なんです。

現代パラレルで、音楽業界のお話。

二人から「やってみたいsceneがある」って聞いた時は、どのsceneを再現してくれるのかな?って思ってた。

いやぁ////////いいのかな……。

こんなに再現してもらっちゃって……(°°;)"((;°°)


それも、アネモネ写真館という素敵な写真館をオープンしてくれました。

アクセスコードも一緒にメールに記載されていて……。

どうしよう。

幸せすぎる……。


その中から数枚の写真を皆様にも(//∇//)





これってば、あのsceneだよね!

デビューしたばかりで、忙しい日々の二人はすれ違うばかりだった。

一生懸命毎日サスケにメールを送るナルトと、それを見て嬉しいくせに素直になれないサスケ。

そう、素直になれず返事も送らない……そんなサスケにナルトは不安になりながらも溢れる想いを抑えられなかったんだったな……。

最初は完全なる片思いだったのに、いつしか……

そんな月日が流れる中、とても重要な役割だった携帯電話。

あああ////////思い出します。……うん(ノД`)


そして、二人の麗しい姿も!!!!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


常に上を目指し、絶対に兄を越えると心に誓うサスケ────

その魂の叫びは、人の心を揺さぶる。








小さい頃から魔物が住む世界で生きてきた。

サスケにとって信じられるのは己だけなのだ……。

カメラの前で自由に動き回るその姿は、観る人を虜にする。

魔性の眼差しは、そのどれもが彼自身であり彼自身ではなかった。





団扇という檻の中でもがき苦しみながらも、必死で自分の居場所を探す彼の前に突如現れた男……。

彼の名が〝ナルト〟だと知ったのは、出逢って随分経ってからのことだった。


その碧は、どこまでも深く、どこまでも澄み切っていた。


〝なぁ、ナルト……お前にとってオレはなんだ?〟


サスケサスケと、まるでサスケが全てのように、サスケのことだけを真っ直ぐ捉えるその瞳。






〝サスケ、オレってばサスケのいっちばんのファンなんだからな!!お前への想いは誰にも負けねってばよ!〟


表も裏もない、いつでも真っ向から立ち向かってくる体当たり精神に、サスケの氷は序々にとかされていった。

来る日も来る日も、携帯に届くナルトからのメッセージ。


〝一番のファン────〟


そうだと思っていた。

ナルトだけは自分を裏切らない……そう思っていた。

なのに………

信じるから裏切られる。

信じなければ、裏切られることもない……そんなことわかっていたはずなのに。




ある雑誌の対談で、サスケは自分の知らないナルトにあった。

これまで僕だと思っていたヤツが、実は自分と同じ業界の人間だったことを知る。


〝信じるから、心を許すから……傷つく〟


人生とは、そう上手くはいかないのだ。

人が人の心を読めたら、どうなるだろう……。

何もかもを知るというのは、決していいことばかりじゃない。

むしろ、辛いことの方が多いんじゃないか?

だが、この時ばかりは互いの心が読めたなら、こんな風に傷つけあうこともなかっただろうに。



運命のいたずらか?

同じ年にデビューした二人は、ロックフェスティバルで共演することとなる。


夏の空の下、太陽の輝きとは正反対に、二人は互いを傷つけあった。

傷はどんどん広がるばかりで、いくら客席に向けて無邪気にウォーターガンを放っても

痛みがおさまることなどなく、悲しみに染まるばかりだ。





「どうして出逢っちまったんだろう……出逢わなければ良かったんだってばよ……」

笑顔からは想像できない絶望に、さすがのナルトもどうしたらいいのか分からずにいた。

やっと掴んだチャンス!こんなことで凹んでる場合じゃない。

こうなったら、とことん戦ってやる。


「サスケ!!!お前にだけは、ゼッテーに負けねぇ!!!!!」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



本当にもう!!二人は互いに愛し合っているのに、どうしてこんなにすれ違ってしまうんでしょうね?

書きながら、やきもきしながら、イライラしながら、それでいて……

凄く淋しかった・゜・(ノД`)・゜・

私はサスケsideを書かせてもらったのですが、とにかく、淋しくて、悲しくて、切なくて。

ナルトに………会いたくて。


札幌の夜は、今思い出しても泣けてきます。

サスケ様が、自分を殺してでも、抑えてでも、ナルトに手を差し伸べようとしたってのに

ナルトってば……ね……。

そして、私も大好きで思い入れのあるscene……。

ちゃんと再現してくれていました。





この一枚に至るまでの過程が、写真館では何枚か掲載されていて、キュンってきちゃった。


キュンってさ、きすぎると胸痛くなるもんだね!

あいちゃん、キョンちゃん、私の胸の痛み……届いたかな?


本当に、有難う(((o(*゚▽゚*)o)))

もっちろん、つきちゃまにも送らせて貰いましたよ。

すぐに写真館を覗き、感動と萌えで現実に戻れなかったようです///////

大切にさせて貰いますね。



さて、そんな二人とは7月にデートすることとなってまして。

めちゃめちゃ楽しみにしてるのでありますv

何か、本当に、久しぶりにドキドキしちゃって(^◇^;)

思わず「アネモネ」読み返しちゃったわ♪

sayu☆の幸せのおすそ分けと、自慢でした~~(*゚∀゚*)


スポンサーサイト
ナルサスオンリー「オレ達かなりの友達だから!」
20160221☆主催 としおさん、ミンさん
かなとも
clear
管理人初めてのサイトです。
★リレーSS~あれから~★
お友達のつきしろ様とSSリレー。管理人初挑戦v。とにかく何でも挑戦ね!頑張ります。初めてアクセスされる方は、入室後一番最初に書いてある企画設定記事をお読み下さい。
☆pixiv☆
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
手ブロに手を出してみた♪
clearへようこそ
なっかなか更新がないブログですが、ありがとうございます(*^_^*)
★ありがとうございます★
web拍手 by FC2
最新記事
カテゴリ
プロフィール

sayu

Author:sayu
2011年年8月24日にサイトを開設致しました!

『NARUTO』の『うちはイタチ』をこよなく愛しています。
管理人のメインは、声です(^_^;)下手でも絵を描いて、苦手なパソコンも頑張っているところです。納得いかなくても今出来る力で精一杯、何かを形にしていきたいと思っています。小説も…初挑戦!

宜しくお願いします★

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。